TOWISE Version 5.5.3.0

下記からリビジョンアッププログラムのダウンロードが可能です。
 

ダウンロード方法

1. 下記のファイル名(TOWISE5530UP5500.exe)をクリックします。

2. ファイルの処理方法のウィンドウが開きますので、「保存」を選択してOKを押します。

3. 保存場所を指定しOKを押すと、ファイルがダウンロードされます。

インストール方法 (ダウンロード終了後)

保存先の「TOWISE5530UP5500.exe」をダブルクリックすると、自動的にインストールを開始します。

ウイザード形式ですので、画面の指示に従ってインストールしてください。


 TOWISE Version 5.5.3.0 リビジョンアップ
 ファイル名  TOWISE5530UP5500.exe  対応するバージョン  Ver.5.5.0.0〜5.5.2.0
 サイズ  66,918KB  公開日  2017.04.26
 データ互換性についての注意事項

本バージョンではデータの構造の拡張は行なわれていませんが、Version 5.5.2.0 で拡張されています。

そのため本バージョンで保存終了したデータは、5.5.1.0 以前のバージョンではご利用頂けません。

混乱を避ける為にも、作業環境のすべてのTOWISEバージョンを統一して頂きます様、お願い致します。

 アップデート概要

・ TOWISE BASIC GATE

新規バインダー作成時に、初期値登録したパート図設定が適用されなかった件を改善しました。

・ 測量CAD

属性ペイント作図で作図対象に該当するブラシが使用されない場合があった件を改善しました。

・ 基準点測量共通計算

網情報入力の「平均ジオイド高及び平均縮尺係数計算」で平均を求めるまでの計算過程を浮動処理して

いたのを、測点ごとにジオイド高は計算条件の[ジオイド高丸め]で丸め、縮尺係数は下6桁で丸めてから

平均を計算するように変更しました。

・ 地籍測量(FG工程編)

始終点が同一点の開放画地の字界に図郭が包含されているとき、地籍図(原図)で見出し図にその字名が

出力されなかった件を改善しました。

・ GNSSスタティック基準点

電子基準点間閉合の地籍測量の帳票のタイトルを、『電子基準点のみを与点とした地籍図根三角測量記載例』

(平成27年)に合わせた内容に変更しました。

・ その他修復

※詳細につきましては、アップデート機能一覧をご覧ください。

 アップデートに関する資料
TOWISE Version 5.5.3.0 アップデート機能一覧[PDF: 160KB]

本リビジョンアップはTOWISE Version 5.5.0.0〜5.5.2.0 へインストール可能です。
それ以前のバージョンへのインストールはできませんのでご注意ください。

ここに収録した技術資料については、それぞれの文書に記載されている注意に従ってお取り扱いをお願いいたします。 本技術資料を使用したことによる不具合、損害については株式会社ニコン・トリンブルでは責任を負いません。内容の不備や疑問についてはご遠慮なくお問い合わせください。 すべての文書の版権は株式会社ニコン・トリンブルおよびTrimble Navigation Limitedが所有します。
Get ADOBE READER 製品情報ページからダウンロードできるカタログ・技術情報などのPDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社のAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない場合にはAdobe社のホームページからダウンロードしてください。