株式会社ニコン・トリンブル
HOME > 製品トピックス(2016年)

製品トピックス

過去の一覧はこちら:| 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 |
| 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 |

2016.12.15 GNSS製品の2017年1月1日 午前8時59分60秒(日本時間)"うるう秒"に関するお知らせ

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)よりお知らせが出ておりますとおり、27回目のうるう秒の調整として、2017年1月1日(日)の日本標準時間 午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「8時59分60秒」の挿入が行われます。これにより、お客様がご利用中のGNSS受信機のうち「UTCを使用しているGLONASS衛星」に対して影響がでる可能性があります。


以下、現時点にて確認されている当社製品での影響ならびに対応方法について記載しております。該当機種をご使用のお客様におかれましては、下記内容をご参照の上、必要な対応をお取りいただきますようお願い申し上げます。
なお、GPSはGPS時を使用しているため影響ありません。


■ 現在確認されている"うるう秒"の影響と対応方法
 ・SPS GNSSシリーズ、Trimble Rシリーズ、BD/BXシリーズ
 ・農業用ガイダンス GNSS
 ・GIS用 GNSS(受信機、ハンドヘルド)


<注意事項>
2017年1月1日(日)当日は、"午前9時をまたぐ観測" はお控えください。

2015年7月1日のうるう秒では、一部の受信機においてNMEA出力の時間が1秒進む現象が発生しました。
最新のFirmwareを使用されていないお客様で、移動体管理にご使用されているお客様は、出力される時刻をご確認ください。時刻がずれている場合には、受信機の初期化を実行してください。初期化では改善されない場合は、最新版Firmwareへのバージョンアップをお願いします(受信機内部のFirmware Optionの日付によっては有償となる場合もございます)。
また、下記の衛星暦初期化手順を参考として、可能な限り衛星暦を初期化したのちにご使用ください。


■ 衛星情報の初期化手順


この件に関するお問い合わせ
株式会社ニコン・トリンブル 技術課 サービス技術グループ(TEL:03-5710-2587)

2016.08.09 Trimble R10 GNSS受信機用ファームウェア バージョンアップのお願い

弊社より出荷されたR10受信機の一部において、期間限定版のファームウェアがインストールされ出荷されたことが確認されました。該当機をご使用中のお客様は、以下の手順で正規版へのバージョンアップを実施していただきますよう、お願い申し上げます。


1. 対象機器


・7月以降に弊社より出荷された機械
・お客様により、Trimbleのホームぺージから直接 V.5.14 をダウンロードして、ブラウザ上でバージョンアップを実施した機械


2. 現象

2016年8月8日以降において使用期限が切れたメッセージが表示され、無線、衛星、Wi-Fi、電池のLEDが1秒毎にフラッシングします。この状態ではコントローラとの接続ができません。但し、期間限定版は、正規版に対して使用期限を限定したものであり、観測データに関しては正規版との違いはありません。


3.正規版へのバージョンアップ方法

「R10_V514.timg」及び「バージョンアップ手順書」を、以下よりダウンロードしてください。手順書にしたがって、正規版へのバージョンアップを実施願います。


R10_V514.timg(timg, 9.56MB)
バージョンアップ手順書(pdf, 756KB)


この件に関するお問い合わせ
株式会社ニコン・トリンブル 技術課 サービス技術グループ(TEL:03-5710-2587)

2016.07.15 画像計測ソリューション「Nivo-i(ニボ・アイ)」の製品情報を追加しました。

画像計測ソリューション「Nivo-i」および「ひび割れ自動検出ソフト」の製品情報を追加しました。

Nivo-i


※ Nivo-i 製品情報

2016.07.05 Nivoシリーズ(一部)測距部のファームウェアバージョンアップのお願い

弊社トータルステーション一部機種において、測距部のファームウェアのアルゴリズムによる一部測距範囲での精度低下が確認されました。対象機をご使用中のお客様は、以下の手順で測距部のファームウェアのバージョンアップを実施していただきますよう、お願い申し上げます。


1. 対象機器(※ ご使用中の測量機のシリアル番号が以下に該当するかご確認ください)


Nivo 5.SC : シリアル No. A601766 〜 A601922
Nivo 5.SCL: シリアル No. D340300 〜 D340454
Nivo 5.H : シリアル No. C510600 〜 C510639
Nivo 5.HC : シリアル No. C537356 〜 C537919


2. 現象

測距距離500m付近から800m付近での測距精度がJISB7912-4の規格を満足しない場合があります。


3. バージョンアップの方法

弊社もしくはご購入いただきました弊社販売店にて、ファームウェアの無償バージョンアップを行います。該当機種をご使用中のお客様は、大変申し訳ございませんが、製品をご購入いただきました販売店もしくは弊社宛てご連絡をお願いいたします。


この件に関するお問い合わせ
株式会社ニコン・トリンブル 技術課 サービス技術グループ(TEL:03-5710-2587)

2016.06.23 測量向け、「Trimble R9s」GNSS受信機 販売開始のお知らせ

株式会社ニコン・トリンブルは、測量分野における新型アンテナ一体型受信機「Trimble R9s GNSS」をリリースいたしました。


Trimble R9s GNSS受信機

Trimble R9s GNSSは、アンテナ分離型受信機で1周波スタティックからすべての衛星システムに対応した3周波マルチ観測まで、完全対応した、組み合わせ自由、アップグレード可能な柔軟性の高い受信機です。



※ 詳しい内容はこちらへ(PDF)

※ Trimble R9s 製品情報

※ サポート情報


この件に関するお問い合わせ
株式会社ニコン・トリンブル サーベイ営業部(TEL:03-35710-2596)

2016.06.20 建築向け、レイアウトツール「Trimble RPT600」販売開始のお知らせ

株式会社ニコン・トリンブルは、建築分野向けの新しいソリューションとして「Trimble RPT600」の販売を開始いたしました。
自動整準機能による簡単セットアップ、グリーンレーザによる視認性の高い作業性、設計データ(DWGファイル)の有効活用など、建築現場での墨出し作業やポイント確認作業の生産性向上を実現します。

Trimble RPT600
«主な特長»
・ 建築現場向けに特化した本体の仕様
・ 自動視準、自動追尾、Trimble Vision(カメラ機能)を標準搭載
・ 建築設計データを直接的に扱えるユーザインターフェース
・ 読み込んだ設計データから必要座標データの抽出、作成が容易

 

※ RPT600 製品情報


この件に関するお問い合わせ
株式会社ニコン・トリンブル ビルディング・コンストラクション営業部(TEL:03-3737-9411)

2016.06.20 土木・建築向け、FOCUS 35専用コントローラ「LANDRiV Pro」販売開始のお知らせ
株式会社ニコン・トリンブルは、土木・建築分野向けにご利用いただいている FOCUS 35 サーボトータルステーションの専用コントローラ「LANDRiV Pro」の販売を開始いたしました。
FOCUS 35 を無線機 SPDL2.4 経由で接続する事によりワンマンでの作業が可能となり、作業の迅速性、生産性の向上を実現、また、Android OS の採用により、初めての方でも感覚的に使えるシステムとなっています。
LANDRiV Pro
«主な特長»
・ 長年培ってきたLANDRiVシリーズの機能を継承
・ 2.4 GHz 無線による長距離通信
・ Android OS によるスムーズな操作性を実現

※ LANDRiV Pro 製品情報


この件に関するお問い合わせ
株式会社ニコン・トリンブル ビルディング・コンストラクション営業部(TEL:03-3737-9411)
2016.06.06 GNSS測量機(旧型)の国土地理院機種登録抹消予定のお知らせ
基本測量に使用する測量機器としての「国土地理院登録機種」において、以下の通り、登録機種から抹消するための変更届けを提出いたしますので、お知らせします。

<登録抹消予定機種>

1級GNSS測量機:4000SSE、4000SST-ⅡP、4000SST-Ⅱ、4000SSE-GSS、

NJ4000SSE-GS、JEC NJ 4000SSE-GS、4000SSi-GS

2級GNSS測量機:4000ST、4000STS、4000SX、4000SE-K、4000SE-LS、

NJ4000SE-LS、NJ4000SE-LSⅡ、JEC NJ4000SE-LS、
JEC NJ4000SE-LSⅡ

<変更届出日>

2017年1月31日


上記機器につきましては、いずれも2005年7月までに、弊社による新規販売・修理・サポートを終了しております。また、登録抹消にともない、基本測量でのご使用はできなくなります。

この件に関するお問い合わせ
株式会社ニコン・トリンブル 技術課 サービス技術グループ(TEL:03-5710-2587)
2016.06.06 GNSS測量機(旧型)の国土地理院機種登録抹消のお知らせ
基本測量に使用する測量機器としての「国土地理院登録機種」において、以下の通り、登録機種から抹消するための変更届を提出いたしましたので、お知らせします。

<登録抹消機器>

1級GNSS測量機:4800、4700、LogPakⅡ
2級GNSS測量機:4600LS、NJ4600LS、JEC NJ4600LS、LogPak

<変更届出日>

2016年6月1日


上記機器につきましては、いずれも2011年7月までに、弊社による新規販売・修理・サポートを終了しております。また、登録抹消にともない、基本測量でのご使用はできません。
長らくご使用いただきまして、誠にありがとうございました。

この件に関するお問い合わせ
株式会社ニコン・トリンブル 技術課 サービス技術グループ(TEL:03-5710-2587)
2016.05.24 【 重要なお知らせ 】GUIDER ZERO、GUIDERソフト搭載機のWindows 7 および 8.1 の「Windows 10 自動アップグレード」について
「GUIDER ZERO」「GUIDER」ソフト搭載機におきまして、Windows 10 への自動アップグレードがいつのまにか実行されるというご報告をいただいております。
現在、Microsoftでは、Windows 10 への無償アップグレードを2016年7月28日まで実施しており、その間、PCをインターネットに接続すると、Windows 7、Windows 8.1 などを対象に、積極的にWindows 10 へのアップグレードを促しています。
Windows Updateの設定によっては、自動インストールが実行されますので注意が必要です。

弊社提供のGUIDERバンドルPCの場合は、Bluetoothが適切に使用できなくなります。また「GUIDER+」はWindows 10 に未対応です。

皆さまの業務に支障が出る恐れがありますので、該当するお客様はWindows 10 へのアップグレードをお控えいただきますようお願い申し上げます。


「GUIDER ZERO、GUIDERソフト搭載のWindows 10 アップグレードについて」(PDF)

【アップグレードを回避する方法】
【自動アップグレードされたWindows 10 をWindows 7 または 8.1 に戻す方法】
【Windows 10 からWindows 7 に戻した後の操作】等、手順を記載していますので、PDFをご参照ください。


この件に関するお問い合わせ
株式会社ニコン・トリンブル サーベイ営業部(TEL:03-5710-2596)または、最寄の販売店までご連絡ください。
2016.05.19 GIS向け「Trimble R2 GNSS受信機」販売開始のお知らせ
株式会社ニコン・トリンブルは、高精度なマッピング・GIS分野向けに「Trimble R2 GNSS受信機」の販売を開始いたしました。
Trimble R2 は、コンパクト・堅牢設計で、サブメートルからセンチメートルまでの様々な高精度測位アプリケーションで活躍します。BluetoothまたはUSB経由で、ご利用のモバイルデバイスにリアルタイムで位置情報を送信でき、選べる精度オプションと高い汎用性で、多様な測量・GISデータ収集ワークフローに対応します。
Trimble R2 GNSS
«主な特長»
・ サブメートルからセンチメートルの選べる精度オプション
・ スマートフォンやタブレットとのペアリングで簡単データ収集
・ 様々なGNSS衛星と補正情報をサポート

※ Trimble R2 GNSS受信機 製品情報


この件に関するお問い合わせ
株式会社ニコン・トリンブル 特販営業部(TEL:03-5710-2593)
2016.03.23 農業向け「Autopilot Motor Drive システム」販売開始のお知らせ
株式会社ニコン・トリンブルは、精密農業分野向けに、「Autopilot Motor Drive」自動操舵システムの販売を開始いたしました。
Autopilot Motor Driveシステムは、EZ-Pilotで使用している電動モーターとAutopilotの高性能コントローラーを組み合わせたハイブリッドシステムです。油圧システムに組み込む必要がないため、作業機への取付けが容易で、EZ-Pilot よりも高いパフォーマンスを提供します。

● 商品名:Autopilot Motor Drive システムAutopilot Motor Drive システム

«主な特長»
・ 低速での自動操舵が可能
・ 取付けや移設が容易
・ お手持ちのEZ-Pilotからアップグレードが可能

※ Autopilot Motor Driveシステム 製品情報


この件に関するお問い合わせ
株式会社ニコン・トリンブル 農業システム営業部(TEL:03-5710-2595)
2016.03.18 "表+" 自動アップデートのお知らせ
2016年3月22日に予定されている、法務省「登記・供託オンライン申請システム」の次期システムへの切り替えに伴い、"表+" の自動アップデートを、以下の通り実施いたします。

● 対象バージョン:  表+ Version 1.6.1.0
● アップデート日時: 2016年3月19日(土)20:00 (予定)
● アップデート方法: アップデート日時以降の"表+" 起動時に自動的にアップデートされます(インターネットに接続できることが必要です)。


※ 詳しい内容はこちらへ


注1) 表+ Ver.1.6.0.0をご使用中のお客様は、Ver.1.6.1.0にアップデートをお願いします。
表+ Ver.1.6.0.0未満のお客様はバージョンアップが必要となります。詳細は、ニコン・トリンブル サーベイ営業部(03-5710-2596)または最寄りの販売店まで、お問い合わせください。

注2) 「登記・供託オンライン申請システム」の切り替えが延期された場合、自動アップデートも延期となります。

2016.02.19 【 重要なお知らせ 】Trimble社製GNSS受信機(旧型)のロールオーバー状態について

※ 詳しい内容はこちらへ

2016.01.22 【 重要なお知らせ 】Trimble GPS受信機 "AgGPS252", "AgGPS332", "DSM232"用ファームウエアバージョンアップのお願い
以下のTrimble GPS受信機において、バージョン3.70以前のファームウエアをご使用の場合は、ファームウエアバージョン3.71にアップをお願いいたします

・AgGPSR 252 receiver
・AgGPS 332 receiver
・DSM 232 receiver


バージョン3.70以前のファームウエアをご使用の場合、次の問題が発生することが確認されました。

2016年2月14日以降に受信機から得られる日時の情報が不規則になり、ディスプレイに表示される日時やNMEA出力、ライセンス、外付け機器への日時データに影響を与えます。

ファームウェアのバージョンアップ方法】

1) 以下のリンクから、バージョンアップ用のファイルをダウンロードしてください。

● AgGPS_firmwear_V3.71.zip (3.08MB)


2) ダウンロードファイルを解凍し、"firmware_Instal_手順.pdf" の手順にしたがって、インストールを行ってください。

この件に関するお問い合わせ
株式会社ニコン・トリンブル 技術本部 サービス技術グループ (TEL:03-5710-2587)
2016.01.05 ラインレーザーシステム「QML800」販売開始のお知らせ
株式会社ニコン・トリンブルは、建築分野向けに、ラインレーザーシステム Spectra Precision 「QML800」の販売を開始いたしました。
QML800は、2台のラインレーザーを用いて、建築現場で必要なポイントを座標データから指示・誘導することで墨出し作業の効率化を図るシステムです。

● 商品名:QML800QML800

«主な特長»
・ ラインレーザーで座標から墨出しが可能
・ 設計CADのデータから墨出しポイントを作成可能
・ CADデータから生成した座標を直接使用、作業ミスを大幅に軽減
・ 墨出し作業の履歴をデジタル管理

※ QML800 製品情報


この件に関するお問い合わせ
株式会社ニコン・トリンブル コンストラクション営業部(TEL:03-3737-9411)
  • 資料請求・デモのお申込み等各種お問合せはこちらへ
  • 展示会・セミナー情報
  • 事業拠点
  • Get ADOBE READER
    PDFファイルをご覧いただくためには、
    Adobe®Reader®が必要です。
    アドビ社のサイトより無料で
    ダウンロード可能です。